2011年10月01日

M+とIPAの合成フォント 改造パッチ

M+とIPAの合成フォントがとても見やすくて使いやすいのでよく使いますが、使っているうちに少し不満点が出てきたので修正してみました。

Mu.Iota Hemiplatia

これは、Migu 1Mに当てるパッチです。
Migu 1Mはプログラミングにも使いやすい等幅フォントですが、唯一残念なことが「ギリシア文字やキリル文字が全角」という点です。
これは多くのモノリンガルな日本人にとってはなんともないのですが、私のような「半角じゃないと嫌だ!」という人も、私以外にもいるかもしれません。いていいはずだ!
私のような奇特な人用のパッチ……だと思います。

ダウンロード - XZ-compressed tarball, 32.8 KiB
日本時間5月1日15時15分頃更新……Perlに移植。
日本時間10月18日21時00分頃更新……スクリプトで生成できるようにした。
日本時間10月2日19時30分頃更新……フォント名が正しく変更されていないのを直した。


メッセージダイジェストは次のとおりです。
$ md5sum -b hemiplatia.tar.xz
336a32397b5ea9019cefbc2455f9462a *hemiplatia.tar.xz
$ sha1sum -b hemiplatia.tar.xz
14e0bff9497117d29d292697e9a54c613bd900b4 *hemiplatia.tar.xz
$ sha256sum -b hemiplatia.tar.xz
149e85a3db2b5d963c2a8a2077a7259629e002871dfc139fdc6a4c22543e61f2 *hemiplatia.tar.xz

パッチを当てるには、作業フォルダを作り、その中にパッチファイルとMigu 1Mの本体(ZIPファイル)をダウンロードします。
$ ls
Migu-1M-20110825.zip hemiplatia.patch.lzma
$ unzip Migu-1M-20110825.zip
$ lzma -d hemiplatia.patch.lzma
$ for i in Migu-1M-regular Migu-1M-bold; do fontforge -lang=ff -c "Open('Migu-1M-20110825/$i.ttf');Save('$i.sfd')";done
$ patch <hemiplatia.patch
$ for i in regular bold; do fontforge -lang=ff -c "Open('Migu-1M-$i.sfd');Generate('Mu-Iota-Hemiplatia-$i.ttf')";done
READMEを入れてるのでそれに従って作業してください。
posted by MihailJP at 23:28| Comment(0) | 改造フォント・パッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。